給食から牛乳が消える?

先日、関西の教育委員会からの提案の一つとして、
小学校の給食から、和食が見直されている今、和食と牛乳は合わないとの理由から、
牛乳の廃止案が出ているとニュースで知りました。

確かに、牛乳の合わない内容の給食もあって、私も不思議で、違和感もありましたが、
昔の子供達に比べ、牛乳を自宅で好んで飲用する事が減っているように感じる現代において、
このような案が益々子供達の牛乳離れを引き起こすのではないかと気になります。

牛乳は、子供達の成長過程に必要な飲料と思っていますので、全面的廃止は避け、給食時間以外、
例えば、午前10時頃か、午後の授業後のいずれかの時間帯に組み込む等の方向も検討して欲しいと思いました。

又、親も、自分がダイエット中、もしくは、子供に太って欲しくないとの意向から、
自宅の冷蔵庫から牛乳が消えたり、低脂肪乳だけにする事は、どこか違うと思いますよ。

Comments are closed.