数年連続で下がり続けるお給料

ここ数年は毎年4月が恐怖です。

それというのも、評価によって夫のお給料が増減するからで、
増えたのは何年前だったか思い出せないほど毎年下がっています。
さぼったり、病欠したり、大きなミスなどがあれば諦めもつくでしょうが、
夫自身、納得がいかないらしく不愉快な思いをしているようです。


若ければ転職も視野に入るでしょうが、
景気が上向きとはいえ、中高年の就職は厳しく、
ようやく仕事を得ても劣悪な条件なことも多く、
健康を害してしまった知人もいらっしゃいます。

不平不満はあるものの、
幸い心地よい寝床が有り、3度のご飯は食べられます。
クヨクヨしていても始まらないので、
益々の節約に励みつつ、元気に過ごしていれば、
いつか良いこともあるだろうと無理矢理にでも前向きに暮らしていきます。

Comments are closed.