まだ女性として見られる

昨日、久しぶりに30年来の友人である文芸評論家のTさんと会って話をしました。
Tさんがこのごろ出したという川端康成についての新刊の話が多かったですが、
やっぱりどちらも50代後半ということで、年を感じるという話も出ました。

年齢のためにあちこち悪くなってくるし、気力や体力が衰えてくるし、
去年は簡単に骨折したりしてえらい目にあいました、なんて話をしていたら、
Tさんが「でもあなたはそんなに見た目昔と変わっていませんよ」と言ってくれました。

さらに冗談ぽく、「まだまだ女性として見られるから大丈夫ですよ」とも言って下さったので、
こちらは「どうもありがとうございます!」とすごく感謝してしまいました。

まあ、同世代だからこそのリップサービスでしょうけど、そういうことを言ってもらえるのはありがたいと思いました。

Comments are closed.